全て成果をあげる5つの能力セルフマネジメント聴け話すな貢献に焦点を合わせる顧客に聴け時間を管理する最も重要なことに集中する顧客の創造ミッション変化を機会と捉える人の強みを生かすコミュニケーション人のマネジメントチームワーク成果貢献人事廃棄組織社会会議の生産性時間の記録時間をまとめる価値への取り組み人材育成知識労働者仕事上の人間関係自己開発卓越性仕事の設計人生百年時代真摯さ調和上司の強みを生かす仕事の仕方自らの強みを生かす劣後順位優先順位の決定機会成果のあがる意思決定をする問題の種類を知る生涯を通して学ぶ組織の文化価値観自由と責任第二の人生目標組織の強みリーダーシップイノベーション事業小さく始める仕事のマネジメント自己目標管理マネジャーの5つの仕事リスク働きがい事業を定義づける3つの要素未来は今日つくる知識資源マーケティング顧客にとっての価値は何かわれわれの顧客は誰かわれわれの成果は何か自己実現われわれの計画は何か評価測定コミュニケーションは受け手が決めるコミュニケーションは期待であるコミュニケーションは要求であるフィードバック予期せぬ出来事小規模試行組織環境事業の定義事業のマネジメント動機づけコンピュータ組織構造情報型組織権限移譲チーム自己評価強み責任仕事マネジャーの仕事組織化セカンドキャリア検証継続学習情報自己成長集中予期せぬ成功

時間を管理する

Blogs~旅は道連れ~
Vol.122 時間を記録したら使える時間が増えた

  本日、考えてみるテーマは  #122 時間の使い方の分析や浪費要因の除去によって、自分の姿勢や関心は、どのように変化したか。仕事の水準や質には、どんな影響を与えたか。 です。みなさんにも、ぜひ一緒に考えていただきたい […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.94 優先順位のリストとTo Do リストの違い

  この自分へのパスは、「着想」という資質が功を奏してか、当初のリストに縛られないのが自分ですが、みなさんはいかがですか。リスト通りに進める方もいらっしゃるかもしれませんね。  実際に取り組んでいる仕事を進めているうちに […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.93 これから起こることは、今は分析できないからこそ

 集中のために、廃棄する、劣後順位を決める、に取り組んで来た後、では優先順位を決めるとしたらば。どうやって決めますか。どんな基準があるでしょうか。  「今まで、この方法でやってきたから」「他もやっているから」と、これまで […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.92 やめられないことによるリスク 

   集中の第一の原則は、廃棄である、と言われたことに加えて、優先順位の決定よりも鍵となるのは、劣後順位の決定であると言われています。劣後順位=取り組むべきでない仕事として決定すること、です。  さすがに、「一切やらない […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.91 状況の圧力に屈しない

 「集中する」ことをテーマに置いても、現実的には、緊急で発生するその場の対応に追われることはあります。反応・反射的にこなしていると、それだけで終わってしまうこともあります。  ですが、その場の対応で反射的に行われているこ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.90 仕事の重要度の判断が失敗するとき

 確かに、時間が迫っている仕事からの圧力は非常に大きいものです。「時間に間に合わなかったら!」と思うと、胃が痛くなるような緊張感も生まれるし、慌ててしまって失敗する、ということもあります。  人から言われた「これをやって […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.83 集中の観点から見る、成果のあがらない人の3つの特徴 その1

MP#83 一つ仕事に必要な時間を少なく見積もっていないか    「成果をあげる5つの習慣的能力」として、時間を管理する、貢献に焦点を合わせる、強みを生かす、という思考習慣や行動習慣を知ると、「成果、あげたいな」と思うよ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.38 時間管理は〇〇管理

#38時間の管理が出来ていない今、他のことも、自分、管理できていなくない? 仕事上の時間帯の時間の記録と、敢えて分けずに自分の一日の時間の記録を行うと、いかに自己管理ができていないかを身につまされます(自分の場合)。アウ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.37 時間管理は定期的・継続的に

#37そういえば、時間の記録、最後にやったのはいつだったか? これだけ変化が早く激しい時代です。半年前、一年前に自然だったことが、今となっては少し不釣り合いになっていたり、新しい物が生まれる一方で無くなって行く物もある中 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.36 確保した時間の虫食いに気をつける

#36辞めてもいい仕事を後回しにして残してしまったり、急遽の仕事を行ったりして、時間に対する向き合い方が雑になっていないか? 「後でやるから」なんていい言葉だろうか、と思います。「辞めたわけじゃないから。」と、仕事そのも […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.35 まとまった時間を確保する方法

#35 どんな方法で自分は自由な時間を大きくまとめるのが合っているか? 「この、朝の10分があるかないかで、大きく違う。」という体感がある方もいらっしゃるかもしれません。朝10分余裕があるだけで、コーヒー1杯をゆっくり飲 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.34 時間に対する勘違い

#34 「自分は時間をコントロールして自由に使えていると思っていないか?」 以前の自問でも考えましたが、自分の記憶はあてにならず、時間をどのように使っているかは記録してみないと分からないものです。 自由に時間をコントロー […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.33 情報不全による時間の浪費

#33 情報を知らせていない・知らされていないために、時間を無駄にしてしまっていることは無いか? 「それを知っていたら、もっと早くにできたのに」っていう経験、ありませんか。周りの人から言われたこと、ありませんか。 知識労 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.32 理想的に設計された組織

#32 「会議を開いて無駄な時間を作っていないか?」 人と一緒に働くからこそ、「これは皆で議論した方がいいね」「皆で話し合いだ」と感じる事項が生まれます。「〇月×日は、会議をやります」と会議の日時を発表、メンバーを招集し […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.31 人を増やしたのに足りなくなる時間

#31「関係する人が多すぎて、お互いの仕事を邪魔していないか?」 「船頭多くして船山に登る」ということわざがあります。 大勢の人と一緒に活動をする時や、大勢の人達が一緒に何かを運営しているとき、このことわざが頭をよぎるこ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
#30 時間の浪費は予知予防できる

今日の自問は「この『時間が無駄になった』混乱は、前にも起こったことに似ていないか?」です。 「毎年、この時期になると、あれこれと議論検討が必要になり、対応も遅れ、現場が混乱する」というような事は、発生すると「去年の同じ時 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
#29 自分自身の重要度の過〇評価の罠

今日の自問は「それは本当に、自分でなければできない仕事なのか?」です。 貢献の意識が高く、さらにそこに自分自身の喜びを感じていたりすると「これは、自分がやらないと、ダメ!」と強く思うことがあります。組織全体そしては為すべ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
#28 人の仕事に役に立っていない自分の仕事を発見する

今日の自問は「他の人の時間まで浪費してはいないか?」です。 自分で取り除くことができる時間浪費の原因は自分で排除することができます。これほどまでの「時間、足りない」と思うと、自分から進んで、浪費をやめようと思うようになり […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
#27 時間管理と権限委譲時の注意点

今日の自問は「自分が使える時間を増やすために、委譲するべきではないことを他の人に任せてはいないか?」です。 時間が足りないことを痛感し、自分の時間を大事にしたいと気づくと、次に考えつくのが「他の人にやってもらって自分の時 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
#26 時間を確保する方法

今日の自問は「その仕事を、まったくしなかったならば何が起こるか?」です 今日まで長いこと「時間が足りない」「~には時間がかかる」などなど、時間に対する現状把握の自問をしてきました。これらは、実際に、時間の記録をしてみて分 […]

続きを読む