全て成果をあげる5つの能力セルフマネジメント聴け話すな貢献に焦点を合わせる顧客に聴け時間を管理する最も重要なことに集中する顧客の創造ミッション変化を機会と捉える人の強みを生かすコミュニケーション人のマネジメントチームワーク成果貢献人事廃棄組織社会会議の生産性時間の記録時間をまとめる価値への取り組み人材育成知識労働者仕事上の人間関係自己開発卓越性仕事の設計人生百年時代真摯さ調和上司の強みを生かす仕事の仕方自らの強みを生かす劣後順位優先順位の決定機会成果のあがる意思決定をする問題の種類を知る生涯を通して学ぶ組織の文化価値観自由と責任第二の人生目標組織の強みリーダーシップイノベーション事業小さく始める仕事のマネジメント自己目標管理マネジャーの5つの仕事リスク働きがい事業を定義づける3つの要素未来は今日つくる知識資源マーケティング顧客にとっての価値は何かわれわれの顧客は誰かわれわれの成果は何か自己実現われわれの計画は何か評価測定コミュニケーションは受け手が決めるコミュニケーションは期待であるコミュニケーションは要求であるフィードバック予期せぬ出来事小規模試行組織環境事業の定義事業のマネジメント動機づけコンピュータ組織構造情報型組織権限移譲チーム自己評価強み責任仕事マネジャーの仕事組織化セカンドキャリア検証継続学習情報自己成長集中予期せぬ成功

人材育成

Blogs~旅は道連れ~
Vol.306 成果をあげられないのは上司が仕事をしていないから

本日は #306 適所に適任のスタッフを配置する仕事 というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。  兵士には有能な指揮官をもつ権利があるという。非営利組織のリーダーには、組織に対し、有能なスタッフを配する […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.301 デキる部下からのプレッシャーは歓迎しよう

本日は #301 下からの突き上げは有難い というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 十九世紀の終わりに大作曲家グスタフ・マーラーがウィーンに交響楽団を設立した。メンバーへの要求が厳しかったため、パトロ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.300 教える時にもっとも学ぶ

本日は #300 成長のためには先生役を任せるのが最適 というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 人の育成にあたって最も有効な方法が、先生役をしてもらうことである。先生になることほど多くを学べることはな […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.299 自分で決めることができる権限を成長のために与える

本日は #299 成長には責任が必要 というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 非営利組織が成果をあげ続けていくには、(中略)ボランティアをダイナミックに成長する戦力としてとらえなければならない。(中略 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.298 チャレンジしない人への向き合い方を考える

本日は #298  人手不足と人材育成 というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 挑戦する者には機会を与えることが原則である。挑戦しない者は放っておいてよい。 P.F.ドラッカー 「非営利組織の経営」 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.292 人は失敗することによって育っていく

本日は #292 倒れたときに助けて起こす励まし役はいるか というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 第三に、エリート扱いしてはならない。(中略)わたしの経験によれば、二三歳の有望株が四五歳のばりばりに […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.291 人が育つには時間が必要

本日は #291 育成が短期間に実ることはない というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 第二に、近視眼的に育ててはならない。身につけさせるべきスキルはある。だが人を育てるということはそれ以上のことであ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.285 先入観で人事を行わない

本日は #285 何人かの候補者を観察すると適任者が見つけられる というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 (人事は)第二に、候補者は複数用意する。通常われわれは誰が最も適任かは自明と思う。だが感覚で決 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.284 人事のスタート

本日は #284 人事のために仕事を作っていないか というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 優れた人事の原則はすでに明らかである。問題はそれらの原則を守る者がほとんどいないことにある。(中略)自らの知 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.283 人的資源からどれだけ引き出すことができるか

本日は #283 人材からより多くを引き出すことに全力を尽くす というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 人事の質が、組織が真剣にマネジメントされるか否かを決める。掲げるミッション、価値、目的が口先では […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.258 「ゆっくり」で良いから基準は高く設定する

本日は #258 基準は高く設定しておかなければならない というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 基準を低くしてスタートすれば、やがて高くなるということは決してない。「ゆっくり」と「低い」は意味が違う […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.241 人のトレーニングは態度ではなく行動についてのもの

本日は #241 成果に貢献する意識が身につく方法 というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 病院ではそこに働く者全員が、患者中心の意識構造になっていなければならない。これは、説教ではなくトレーニングに […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.194 模範となるとはどういうことか

本日は #194 翌朝、鏡の中に見たい自分であるか というテーマについて考えてみます。  自分の感情に嘘をつくことはできません。 とんでも無いミスをしてしまって、まだ報告出来ていない日の出勤前の朝は、なんと気分の重いこと […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.186 人を育てることは可能性を考えること 

本日は #186 人の可能性と組織としての機会を結びつける というテーマについて考えてみます。  働く人に関することと、組織に関することは、主体という点ではそれぞれが別。  なので、ともすると、両立しえない場合もあります […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.172 「何度言ったらわかるんだ」は禁句

本日は #172 自分の考えを理解してもらう意欲をどれだけ持てているか? というテーマについて考えてみます。  リーダーとしての基本的な能力の一つが、コユニケーションの意志。  伝わらなくてもヘコタレナイで、組織としての […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
#44 今の仕事で期待されていることを知る

#44 これまで成功してきたことと同じ貢献を続けていないか?  地位が変れば役割も変わります。役割が変れば仕事の内容もかわり、仕事の仕方も変化します。直接の成果、価値への取り組み、人材の育成、といった3つの領域間の重要度 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
#43 貢献に焦点を合わせることは人材を育成すること

#43 人材育成に、どのように取り組んでいるか、どれくらい取り組めているか?  部下が居ない人にとっては「人材育成は関係ないよ」と思うかもしれません。自分もそう考える部分はありました。 ですが、自分が動けなくなった時、働 […]

続きを読む