全て成果をあげる5つの能力セルフマネジメント聴け話すな貢献に焦点を合わせる顧客に聴け時間を管理する最も重要なことに集中する顧客の創造ミッション変化を機会と捉える人の強みを生かすコミュニケーション人のマネジメントチームワーク成果貢献人事廃棄組織社会会議の生産性時間の記録時間をまとめる価値への取り組み人材育成知識労働者仕事上の人間関係自己開発卓越性仕事の設計人生百年時代真摯さ調和上司の強みを生かす仕事の仕方自らの強みを生かす劣後順位優先順位の決定機会成果のあがる意思決定をする問題の種類を知る生涯を通して学ぶ組織の文化価値観自由と責任第二の人生目標組織の強みリーダーシップイノベーション事業小さく始める仕事のマネジメント自己目標管理マネジャーの5つの仕事リスク働きがい事業を定義づける3つの要素未来は今日つくる知識資源マーケティング顧客にとっての価値は何かわれわれの顧客は誰かわれわれの成果は何か自己実現われわれの計画は何か評価測定コミュニケーションは受け手が決めるコミュニケーションは期待であるコミュニケーションは要求であるフィードバック予期せぬ出来事小規模試行組織環境事業の定義事業のマネジメント動機づけコンピュータ組織構造情報型組織権限移譲チーム自己評価強み責任仕事マネジャーの仕事組織化セカンドキャリア検証継続学習情報自己成長集中予期せぬ成功

マネジャーの仕事

Blogs~旅は道連れ~
Vol.317 メンバーの動機づけは自ら考え決定し行動できる人から始める

本日は #317 まずリーダー的な人たちから動機づけを始める というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 動機づけされるのはリーダー的な人たちだけだからです。 P.F.ドラッカー 「非営利組織の経営」 メ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.316 やっていることの重要性を実感できるように期待をかける

本日は #316 高い基準は一緒に具体化して明らかにする というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 われわれは基準を高く設定しています。人というものは期待をかけられると応えるものです。 P.F.ドラッカ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.308 トップの継承でしてはならない3つのこと

本日は #308 トップに向かない後継者 というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 やり直しのきかない最も難しい人事がトップの継承である。(中略)してはならないことは簡単である。辞めていく人のコピーを後 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.306 成果をあげられないのは上司が仕事をしていないから

本日は #306 適所に適任のスタッフを配置する仕事 というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。  兵士には有能な指揮官をもつ権利があるという。非営利組織のリーダーには、組織に対し、有能なスタッフを配する […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.305 「邪魔になっていることは何か」を直接聴いてみる勇気の先に

本日は #305 想像は禁物、直接聞くから分かることがある というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 上司、同僚、部下に対し、「こうしてもらえれば助かる。これは困る。私がお役に立っていることは何か。邪魔 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.304 「なすべきこと」となすべきことのなすうえで「必要なこと」

本日は #304 チームメンバーは自分のなすべきことを行うために必要なことを分かっているか というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 必要とされる大切なことが二つある。一つは、全員が自らのなすべきことを […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.303 同じチームのメンバー同士だからこそ違った方がいいもの

本日は #303 チームは一人ひとり異なる強みを共同の働きに結びつける というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 よくある間違いは、同じチームにいる者として、みな同じように考え、同じように行動するものと […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.302 チームの作り方

本日は #302 組織が仕事をするには、なされるべき仕事からチームをつくらなければならない というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 組織が仕事をするにはチームにならなければならない。(中略)しかもチー […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.301 デキる部下からのプレッシャーは歓迎しよう

本日は #301 下からの突き上げは有難い というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 十九世紀の終わりに大作曲家グスタフ・マーラーがウィーンに交響楽団を設立した。メンバーへの要求が厳しかったため、パトロ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.297  静かな情熱をもって働けるために必要なこと

本日は #297 部下にとって仕事が苦しい労働になっていないか というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 非営利組織の強みは、報酬のためでなく大義のために働くところにある。それだけに、組織の側に、情熱の […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.293 「基準を低く定める」と「ゆっくり進む」の意義は違う

本日は #293 達成しやすくするために低い基準を定めていないか というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 重要なことは実力であって見込みではない。要求は厳しくしなければならない。基準は途中で引き上げる […]

続きを読む