全て成果をあげる5つの能力セルフマネジメント聴け話すな貢献に焦点を合わせる顧客に聴け時間を管理する最も重要なことに集中する顧客の創造ミッション変化を機会と捉える人の強みを生かすコミュニケーション人のマネジメントチームワーク成果貢献人事廃棄組織社会会議の生産性時間の記録時間をまとめる価値への取り組み人材育成知識労働者仕事上の人間関係自己開発卓越性仕事の設計人生百年時代真摯さ調和上司の強みを生かす仕事の仕方自らの強みを生かす劣後順位優先順位の決定機会成果のあがる意思決定をする問題の種類を知る生涯を通して学ぶ組織の文化価値観自由と責任第二の人生目標組織の強みリーダーシップイノベーション事業小さく始める仕事のマネジメント自己目標管理マネジャーの5つの仕事リスク働きがい事業を定義づける3つの要素未来は今日つくる知識資源マーケティング顧客にとっての価値は何かわれわれの顧客は誰かわれわれの成果は何か自己実現われわれの計画は何か評価測定コミュニケーションは受け手が決めるコミュニケーションは期待であるコミュニケーションは要求であるフィードバック予期せぬ出来事小規模試行組織環境事業の定義事業のマネジメント動機づけコンピュータ組織構造情報型組織権限移譲チーム自己評価強み責任仕事マネジャーの仕事組織化セカンドキャリア検証継続学習情報自己成長集中予期せぬ成功

廃棄

Blogs~旅は道連れ~
Vol.344 劣後順位を決める勇気新着!!

本日は #344 勇気を持って集中する というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 しかる後に、優先すべきこと集中すべきことを決めることである。 P.F.ドラッカー 「非営利組織の経営」 成果をあげる秘訣 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.243 続けることが良いことではない

本日は #243 この数年で、辞めたサービス、製品、活動があるか というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 イノベーションのための戦略を成功させるには、機能しなくなったもの、貢献しなくなったもの、役に立 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.193 やらないことを決める勇気

本日は #193 優先順位を決めるよりも手掛けないことを決める方が難しい というテーマについて考えてみます。  優先順位を上から順に決めて行くよりも前に先にやるのは、劣後順位を決めること。つまり、「自分達は今は取りかから […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.192 リーダーだからこそできる廃棄

本日は #192 リーダーが行う廃棄 というテーマについて考えてみます。  セルフマネジメントの領域と異なり、組織のマネジメントの領域での廃棄となると、それは、チームとして行う仕事や活動そのものの廃棄になります。  活動 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.159 変化に対応していくには

本日は #159 市場の変化、成長をふまえて、体系的な廃棄を行うことができているか。 というテーマについて考えてみます。 市場の変化に対応するために、今まで行っていたことを変える必要があります。 そのためにも、今まで行っ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.93 これから起こることは、今は分析できないからこそ

 集中のために、廃棄する、劣後順位を決める、に取り組んで来た後、では優先順位を決めるとしたらば。どうやって決めますか。どんな基準があるでしょうか。  「今まで、この方法でやってきたから」「他もやっているから」と、これまで […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.92 やめられないことによるリスク 

   集中の第一の原則は、廃棄である、と言われたことに加えて、優先順位の決定よりも鍵となるのは、劣後順位の決定であると言われています。劣後順位=取り組むべきでない仕事として決定すること、です。  さすがに、「一切やらない […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.89 新しく始めることを任せる人

 新しい仕事、新しいサービスで、自分達は手がけたことが無いからと言って、新しく雇い入れた人に任せてはいませんか?  と聴かれたら、「何がいけなかったの?」「普通のことだよね」と自分も思いそうです。 他で同種の経験がある人 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.88 新しい仕事が始まってから後悔しないために

   始めることは、多くのことでワクワクします。他人から命令されて始めるのでない限り、自分で「始めたい」と思って始めるわけですから、「あれもやろう」「これもできるかもしれない」とアイデアが思いつき、ワクワクします。  で […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.87 続けることが目的になってしまうという落とし穴

   集中のための第一の原則として、生産的でなくなった過去のものを捨てる、とありました。自分が手をつけていなかったとして、今、これに手をつけるか?を自分自身に問いかけます。100%の気持ちで「手をかけます」と言えないなら […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.86 集中のための第一の原則

 最も重要なことに集中する。  「集中」と聞くと、選択と集中のイメージで、「なにか限られたものに限定する」ということをイメージされる方も多いと思います。  「なにかに限定する」ときのイメージって、どうでしょう。数ある中か […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
#29 自分自身の重要度の過〇評価の罠

今日の自問は「それは本当に、自分でなければできない仕事なのか?」です。 貢献の意識が高く、さらにそこに自分自身の喜びを感じていたりすると「これは、自分がやらないと、ダメ!」と強く思うことがあります。組織全体そしては為すべ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
#27 時間管理と権限委譲時の注意点

今日の自問は「自分が使える時間を増やすために、委譲するべきではないことを他の人に任せてはいないか?」です。 時間が足りないことを痛感し、自分の時間を大事にしたいと気づくと、次に考えつくのが「他の人にやってもらって自分の時 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
#26 時間を確保する方法

今日の自問は「その仕事を、まったくしなかったならば何が起こるか?」です 今日まで長いこと「時間が足りない」「~には時間がかかる」などなど、時間に対する現状把握の自問をしてきました。これらは、実際に、時間の記録をしてみて分 […]

続きを読む