全て成果をあげる5つの能力セルフマネジメント聴け話すな貢献に焦点を合わせる顧客に聴け時間を管理する最も重要なことに集中する顧客の創造ミッション変化を機会と捉える人の強みを生かすコミュニケーション人のマネジメントチームワーク成果貢献人事廃棄組織社会会議の生産性時間の記録時間をまとめる価値への取り組み人材育成知識労働者仕事上の人間関係自己開発卓越性仕事の設計人生百年時代真摯さ調和上司の強みを生かす仕事の仕方自らの強みを生かす劣後順位優先順位の決定機会成果のあがる意思決定をする問題の種類を知る生涯を通して学ぶ組織の文化価値観自由と責任第二の人生目標組織の強みリーダーシップイノベーション事業小さく始める仕事のマネジメント自己目標管理マネジャーの5つの仕事リスク働きがい事業を定義づける3つの要素未来は今日つくる知識資源マーケティング顧客にとっての価値は何かわれわれの顧客は誰かわれわれの成果は何か自己実現われわれの計画は何か評価測定コミュニケーションは受け手が決めるコミュニケーションは期待であるコミュニケーションは要求であるフィードバック予期せぬ出来事小規模試行組織環境事業の定義事業のマネジメント動機づけコンピュータ組織構造情報型組織権限移譲チーム自己評価強み責任仕事マネジャーの仕事組織化セカンドキャリア

われわれの計画は何か

Blogs~旅は道連れ~
Vol.281 「これがわれわれのミッションである」だけでは不十分

本日は #281 すべて行動に転換させなければならない というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 よき意図、政策、意思決定はすべて行動に転換させなければならない。「これがわれわれのミッションである」との […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.273 成果は顧客の能動的な関与と一緒に生み出して行くもの

本日は #273 成果は顧客と一緒に生み出すものであるとき というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 いまの学校は、教師にいろいろなことをやらせ、生徒は座らせておくだけになっています。生徒は覚えるだけで […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.250 長期の目標に関係者の視点を合わせる

本日は #250 多様な関係者と敬意を互いに抱く信頼関係を築くには というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 非営利組織にとって最も難しい課題が、これらあらゆる種類の関係者から、長期の目標について合意を […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.247 ミッション=絵にかいた餅、とならないように

本日は #247 ミッションを掲げているが成果がもたらされていないとしたら というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 ミッションを具体化するための成果を定義するにあたっては、二つの落とし穴がある。一つは […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.246 ニーズに応えていると言える状態では不十分

本日は #246 顧客の欲求を生み出しているか というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 美術館は自らを文化の守り手と規定してきた。そのため美術品をしまい込み人を入りにくくしていた。ようやく今日、美術館 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.207 戦略は有効か?を質の面から評価するための尺度

本日は #207 今年は去年よりも良くやっているかは、いかに判断したらよいか。 というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 研究所でも、研究成果の中には成果を量的に測定できないものがある。しかし、三年ごと […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.206 設定する目標の高さをどれくらいにするか

本日は #206 目指す改善のレベルが高すぎることはない というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 改善のための戦略では目標が必要である。しかも野心的なくらいの目標が必要である。(中略)目標は高く設定し […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.205 生産要素をそれぞれに生かす

本日は #205 生産要素(人、資金、時間)を、いかに活用できているか というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 改善のための戦略では、生産要素ごとの戦略が必要である。(中略)第二の生産要素が資金である […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.204 意図では山は動かない。山を動かすのはブルドーザー

本日は #204  意図を行動に変える戦略の重要性 というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 プランはつくっても、実際に行動しないかぎり何も変わらない。これに対し、戦略は行動志向である。(中略)戦略であ […]

続きを読む