全て成果をあげる5つの能力セルフマネジメント聴け話すな貢献に焦点を合わせる顧客に聴け時間を管理する最も重要なことに集中する顧客の創造ミッション変化を機会と捉える人の強みを生かすコミュニケーション人のマネジメントチームワーク成果貢献人事廃棄組織社会会議の生産性時間の記録時間をまとめる価値への取り組み人材育成知識労働者仕事上の人間関係自己開発卓越性仕事の設計人生百年時代真摯さ調和上司の強みを生かす仕事の仕方自らの強みを生かす劣後順位優先順位の決定機会成果のあがる意思決定をする問題の種類を知る生涯を通して学ぶ組織の文化価値観自由と責任第二の人生目標組織の強みリーダーシップイノベーション事業小さく始める仕事のマネジメント自己目標管理マネジャーの5つの仕事リスク働きがい事業を定義づける3つの要素未来は今日つくる知識資源マーケティング顧客にとっての価値は何かわれわれの顧客は誰かわれわれの成果は何か自己実現われわれの計画は何か評価測定コミュニケーションは受け手が決めるコミュニケーションは期待であるコミュニケーションは要求であるフィードバック予期せぬ出来事小規模試行組織環境事業の定義事業のマネジメント動機づけコンピュータ組織構造情報型組織権限移譲チーム自己評価強み責任仕事マネジャーの仕事組織化セカンドキャリア

成果

Blogs~旅は道連れ~
Vol.297  静かな情熱をもって働けるために必要なこと

本日は #297 部下にとって仕事が苦しい労働になっていないか というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 非営利組織の強みは、報酬のためでなく大義のために働くところにある。それだけに、組織の側に、情熱の […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.296 取り組みは一つひとつ行い 成果は全体で捉える

本日は #296 強みに焦点を合わせる時には成果は全体で捉える というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 大事なのは成果である。一つの仕事ではなく一連の仕事での成果である。 P.F.ドラッカー 「非営利 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.295 強みに焦点を合わせるには分かりやすい〇〇が必要

本日は #295 わかりやすいミッションなしに強みに焦点を合わせることはできない というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 これらのことすべてに、明快でシンプルなミッションが必要である。ミッションは、ど […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.282 仕事が「行われた」と言えるために必要なこと

本日は #282 仕事は成果に責任をもつ者が行って初めて行われる。 というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 プランだけでは仕事は行われない。方針だけでも行われない。仕事として行って初めて行われる。生身 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.262 自分の組織が何のために存在しているかを知るために

本日は #262 組織の外に出る機会を作る というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 組織の内部に成果はない。そこにはコストしかない。ところが人は容易に内部に没入し、外部の現実から遊離する。したがって非 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.260 自らの仕事ぶりは自ら評価できなければならない

本日は #260 自分の仕事ぶりを自分で評価する というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 人は、自らの仕事ぶりは自ら評価できなければならない。このことは特にボランティアについていえる。給料がないのであ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.259 共通の基準のもとで自立性を可能にする

本日は #259 共通の基準のもとで自立性を可能にする というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 中央の組織で働く者は、「自分たちの仕事は全体のための基準を設定しつつ、支部に奉仕することである。彼らが実 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.253 中途退職を減らすための間違った方法

本日は #253 「みなさんの成果は何だと思うか」を働く人に聞くところから始める というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 非営利組織は、あらゆる政策、決定、行動において、「ミッションの実現のプラスにな […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.252 自分の目標設定の鍵 

本日は #252 「人の変化」という成果に対して自分は何ができるか というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 非営利組織たるものは、貢献という見地から自らの目標を設定しなければならない。そして、常にそれ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.251 世のため人のためと経済性

本日は #251 ミッションの実現と資源の配分の両立を考える というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 大義においては、成果が得られなければ努力を倍にしなければならない。それが大義というものである。しか […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.250 長期の目標に関係者の視点を合わせる

本日は #250 多様な関係者と敬意を互いに抱く信頼関係を築くには というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 非営利組織にとって最も難しい課題が、これらあらゆる種類の関係者から、長期の目標について合意を […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.249 多様な関係者 それぞれにとっての成果

本日は #249 自分達の顧客を多様な視点で捉えたら、彼らの成果は一体なんだろうか? というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 非営利組織は、顧客は誰かを考え、そのそれぞれにとって成果は何であるかを考え […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.247 ミッション=絵にかいた餅、とならないように

本日は #247 ミッションを掲げているが成果がもたらされていないとしたら というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 ミッションを具体化するための成果を定義するにあたっては、二つの落とし穴がある。一つは […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.244 ニーズの現れ方は変化する

本日は #244 顧客にとって大事な「何」を私たちは行うことができるか というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 常に考えるべき問題が、「顧客にとって大事な何を行うことができるか」である。そのあとで、提 […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.238 目的を間違えない

本日は #238 イノベーションは何のための手段か というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 非営利組織が成果をあげるには、改善とイノベーションの戦略を必要とする。改善とイノベーションは重なりあう。どこ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.237 人こそが大切な基盤 

本日は #237 テクノロジーの活用で支持層の顧客が失われるとは? というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 私は、テクノロジーはボランティアが成果をあげるうえでの補助的な手段であるべきだと思っています […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.236 接点は相手の関心事にある 

本日は #236 人の関心と組織の期待 というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 (非営利組織の資金源の開拓における)戦略とは、私たちがしてほしいと期待していることについて関心を向けてもらうための資源の […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.235 その組織の活動に価値を感じるからこそ自分から関りを持つ

本日は #235 価値を感じる対象を明確にする大切さ というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 募金に対する反応を決めるものは何かということです。支援する価値のある組織だと思ってもらうために訴えるべきこ […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.234 「楽しそう」だけで働く人は集まって来るのだろうか

本日は #234 情報として発信提供する内容を考える というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 長く活動していくには、情緒だけでなく理性に訴えかけていかなければなりません。組織としては、一軒一軒を回って […]

続きを読む
Blogs~旅は道連れ~
Vol.233 取引先との関係性を考える

本日は #233 自社に特別の関心をもってくれる人たち というテーマについて考えてみます。こちらを参照しています。 私たちのような非営利組織には特別の関心をもってくれる人たちがいます。問題はそれらの人たちをどうやって増や […]

続きを読む